不動産が売れない方へ~所有マンションが当て馬物件になってませんか?

「売却を開始しているのに売れない状態が続いている..」こんな状態いなっている売主さんいませんか?

開始して間もないのであれば、まだ買主が現れていないだけかもしれませんが、もしも内覧があるのに売れていないなら理由を考えた方が良いかもしれません。

様々な理由がありますが、今回は売りに出している物件が当て馬(まわし)物件になっているせいで売れていない例を紹介します。

もし売れなくて悩んでいる方は下記で紹介する理由で売れない物件になっていないか確認してください。また、マンションを高く売って、売却成功させるための方法は「マンション売却のプロ」を参考にしてみると良いと思います。一度読んでおくだけでも失敗する可能性が低くなります。

当て馬(まわし)物件に使われている場合、売れる可能性はかなり低い

簡単に当て馬物件について説明しておくと、Aマンション(所有マンション)とBマンションがあり、Bマンションの方がグレードが少し良いマンションとします。不動産会社の営業マンがBマンションを売りたいと考えた時に、Aマンションを先に内覧させてその後でBマンションを内覧させる事で、Bマンションの印象を良くして売却に繋げる販売方法です。

このような使い方をされるのが当て馬物件です。

当て馬物件にされてしまうと売るのが難しい

上記で当て馬物件についてはわかったと思います。当て馬にされると本命のマンションよりも劣る訳なので、良さが充分に伝わるはずもありませんし、とりあえず見てみましょうという感じで希望者に言っているだけの可能性も高く、所有マンションに内覧に来ても、あまり興味を示さない事も多いと思います。

当て馬物件を利用するのは売却にかかわらず、賃貸物件でもよく使われる方法ですので、その時は気が付かなくても、良く考えてみたら、1件目は当て馬だったのかもと思う節がある方もいると思います。

良く使われる理由は、それだけ効果があるからで、比較対象を作る事で、物件の良さを伝えようとしている訳です。

この方法を使われてしまうと、当然良さが伝わらないので売れる可能性が低くなり、売るのは難しくなってしまいます。そもそも内覧希望者からすると興味はないけど、不動産業者が「見て」と言うから見に来たくらいの感覚です。まれに当て馬の方を気に入るかもしれませんが、それはそれで営業マンとしては売却できるわけですので結果的にはどちらでも良いんです。

内覧があるのに売れないのが続くようであれば業者変更を考えてみる

当て馬にされると売れないのは分かったと思いますが、業者が当て馬に利用しているかどうかがわからない場合がほとんどだと思います。通常であれば内覧があるのに売れない場合、価格や物件資料でみる限りのマンション情報では良い印象を持っている事になるので、そのほかに理由があると考える事ができ、改善することで売れるようになったりします。

しかし当て馬の場合はそういった改善ができないので、まず内覧にきた方がどのように物件を見ているか確認しましょう。もし当て馬であれば、見学するとしてもあまり興味を示さなかったり、すぐ次に行こうとしたりするかと思います。もしも内覧に来た方が同じような感じであれば、当て馬物件に利用されていると考えてもいいかもしれません。

その後、同じ状態が続くようであれば、業者を変更してみると売れたりしますので検討してみてください。

同じような状態になるのは嫌だと思いますので、まだ一括査定サイトなどを使っていないのであれば、大手を含む優良企業しか提携できない不動産一括査定サイト利用してみてください。→オススメの不動産一括査定サイトはこちらから

当て馬物件になると売れないが、他の物件を当て馬にしてくれるとしたら?

当て馬物件にされてしまうと上述の通り、売れません。しかし他の物件を当て馬にして自分のマンションを売ろうとしてくれたとしたら、逆に売れる可能性が高くなりますよね?その為、どのように利用されるかで一概に当て馬が悪いとは言い切れない部分があります。

ただし、不動産会社も内覧をお願いする手前、今回は当て馬物件に利用する事を売主に説明はしないと思いますので、売主にとってみたら時間をとられますし迷惑ですよね?自分のマンションを売る為に他の物件を当て馬にしてくれる事がわかっていれば、対応することもできるかもしれませんが、当て馬物件にされるのは気持ちがいいものではありません。

営業担当はその辺も考えて販促活動してくれる人を選んだ方がよいですね。

不動産業者は売るのが難しいと判断できる物件でも媒介契約を結ぼうとします。これは、売れなくても当て馬物件として利用できるからです。

自分のマンションが当て馬にされなければ、手段としては良い方法ですので、当て馬にしないように営業マンに釘を刺しておくなどしておくなど、まわし物件にしにくい環境を作っておくと良いかもしれません。

まとめ

当て馬物件について紹介しましたが、売れないと感じた物件でも不動産会社は当て馬で使えるため契約を結ぼうとしますので、そうなってしまうと、契約期間である3ヶ月間売れないという事態になってしまいます。きちんと売却の戦略がしっかりしている業者を選ぶためにも査定価格や査定の根拠などがしっかりした会社を選んで売却活動をはじめることが重要です。